ヨーロッパの天然坑道療法を再現

「難病が治る!」ヨーロッパ中から訪れるバドガシュタイン渓谷の秘密

オーストリアのバドガシュタインは、 オーストリアのザルツブルグ州のイタリア国境に近い町で、 欧州アルプス連峰山麓のガシュタイン渓谷の奥深いところにあります。 夏は登山、冬は山岳スキーの中心地で、 ホテルやペンションなど宿泊施設が多数きちっと整備されている美しい町です。 多くのホテルは共通のラドン温泉源から湧き出る500万リットルの温泉を引いて、 ラドン温泉プール、ラドン温泉浴治療施設を設備しています。 この町の近くにあるタウエル山は、19世紀まで長い間金や銀の採掘が行われたあと、 廃坑となっていました。1940年になってドイツはこの鉱山の再採掘を試みて失敗しました。 ところが再採掘中に、坑道の1800mはいったところに高温多湿の場所が発見されて、 ここで働いた鉱夫の腰痛や関節リュウマチが治ることが発見されました。 戦後、この場所はラドン濃度が非常に高いことが判明して、 治癒効果との関連についての医学的研究が開始されました。
医師の問診を元に治療を行っており、国をあげての支援が行われており、保険対応にもなっています。



この療養トンネルでのラドン治療で有効性が臨床医学的に確認された病気の種類

バドガシュタインの適応症

ベヒテレフ病/慢性多発性関節炎/関節症/乾癬性関節炎/繊維筋痛症/骨粗鬆症/神経症/末梢神経障害/スポーツ時の怪我/サイコドーシス等の運動器官系障害/慢性気管支炎/気管支喘息/慢性副鼻腔炎/花粉症などの呼吸器系疾患/尋常性乾癬/神経皮膚炎/硬化症などの皮膚疾患/更年期障害や、病気予防・免疫力の強化/ラドン治療/低線量放射線治療での治療実績

●既に治療実績があるもの
慢性リウマチ/脊椎炎および腰痛/神経痛/関節炎/喘息/アトピー性皮膚炎
/アレルギー性皮膚炎
●効果が予想されるもの
ガン再発防止/糖尿病/各種肺炎/アルツハイマー病/パーキンソン病/筋萎縮症



テラヘルツプレートで温浴効果を高めます

体の芯まで届くテラヘルツ波が温浴効果を最大限まで高めます。


高い透過性

テラヘルツ鉱石は毎秒1兆回振動しています。 これだけ早い振動波は物質を透過し光の様に直進する性質を持っています。 このテラヘルツ鉱石で造られたテラヘルツプレートから放出されるテラヘルツ波で、プレート表面50度の温熱を体の奥深くまで、浸透させてくれます。

がん細胞と熱

ハイパーサーミア法とは、熱に弱いとされているガン細胞を選択的に42℃〜43℃に過熱する治療法。ガン細胞は42℃の熱を加えると死滅し始め、過熱温度を1℃ずつ増加させた場合、死滅するガン細胞は2倍ずつ増加する。

脳の変化について

テラヘルツ波は脳波にも良い効果をもたらします。使用時には、α波の発生率が2倍になるという報告もあります。


温熱療法でHSPを増やせばガン細胞はアポトーシスする

医学博士 吉水信裕 著 「温熱・多角的免疫強化療法」より

温熱療法は、HSP(ヒートショックプロテイン)の産出を促します。
HSPは細胞が温熱ストレスを受けた時(テラ陶板浴に入浴して体温が上昇した時)に細胞内で生じるタンパク質の事ですが、このたんぱく質は、次に起こる温熱ストレスから細胞を守ろうとする働きがあると言われています。
更にHSPは疲労物質を出しにくくして、体力を回復させ、脳から痛みの緩和物質である脳内ホルモン物質の一つエンドルフィンが出るように促します。
したがって、温熱療法を行うと、患者さんの痛みが軽減されると考えられています。

ガン患者さんの80%の人には痛みを緩和する為にモルヒネが処方されますが、この温熱療法では、モルヒネを使う必要がないので、治療効果を高める大きなメリットがあります。
また、ナチュラルキラー(NK細胞)というガン退治の主役を担うリンパ球の働きを活発にさせたり、抗腫瘍作用を持つインターフェロンの体内での合成量を増やす事により、免疫力を強める作用があると考えられています。
HSPは傷ついた細胞を修復し、生体を外部からのストレスから防御するタンパク質です。
ガンなど、体内の異物の存在を他の免疫細胞にしらせる「偵察」としての働きが活性化され、ガン細胞を免疫細胞が攻撃しやすくします。
温熱療法を行う事での大きなメリットは、ガン細胞がアポトーシス(細胞の自殺死)を起こすと考えられている事です。
アポトーシスの遺伝子を解析した学者は、ノーベル賞を受賞しています。

このアポトーシスは遺伝子に組み込まれた機能で、ガンやエイズ、アルツハイマー、自己免疫疾患など、生体にとって望ましくない細胞を消去するだけでなく、老化した細胞や余剰の細胞を除去する生体防御の役割に関与する事がわかって来ました。
アポトーシスには、人間の体をつかさどっている細胞であるミトコンドリアの働きが重要で、ミトコンドリアでつくられるチトクロームCという酵素が無ければ、アポトーシスは起こらない事がわかりました。
通常の正常な細胞は老化すると、アポトーシスを起こすのですが、ガン細胞がアポトーシスを起こすことなく増殖を続けるのは、このミトコンドリアが委縮、減少してしまい、チトクロームCが作られなかった事によるものだったのです。

正常細胞のガン化で、ミトコンドリアが減少し、ガン細胞ではミトコンドリアが4分の1に減少している事がわかって来ました。
温熱療法は、HSPを産生します。このHSPは、運び屋タンパクとも言われ、ミトコンドリアを複製しますので、ガン細胞をアポトーシスする酵素チロクロームCもつくられます。
つまり、温熱療法(テラ陶板浴に入浴)でHSPを増やせば、ガン細胞は、アポトーシス(細胞の自殺)して行くのです。



バドガシュタインプレートとテラヘルツプレートを組み合わせた生命活性温熱療法、
それがテラ陶板浴です。

岩盤浴とは違う、全く新しい健康増進の形。ぜひ一度ご体感ください。



部活で記録を伸ばしたい

硬い筋肉を柔らかくすることは、すべてのスポーツにおいて重要な要素です。大学でも臨床データを取り始めており、大会前陶板浴に入って記録が伸びた報告もあります。
テラ陶板浴タケダでは、部活動の成績アップのための体づくりをサポートいたします。

減量の最後のひと絞り

最後の1kgを落としたい。減量に苦しむお客様がテラ陶板浴タケダで簡単に1kgを落として帰られました。陶板浴での発汗作用で、減量の最後のひと絞りをしてみませんか?


健康に不安がある

すべての健康の元になるのは、体温を高く保つこと、血流を正常化させること。毎日体重を計ることよりも、毎日体温を計る習慣をつけましょう。体温35℃台の人はあらゆる病気のリスクを抱えています。36.5℃まで陶板浴で上げていきましょう。


今だけお試しキャンペーン中 ¥1,100 究極のリラクゼーションを体験して下さい。